流木のいえ    /石川えりこ

流木のいえ    石川えりこ

小学館2016年2月26日初版発行

 

流木のいえ

 

 

 1980年代にコミックモーニングで「ハートカクテル」という漫画が連載されたことがありました。わたせせいぞう氏のフルカラーショートストーリーコミックです。僕も含めて、ご存じの方の多くはすでに中高年からお仕事リタイア組、終活の断捨離を意識されているのではないでしょうか? 

いやいやそうではない、まだまだこれから!という方々にはごめんなさいと謝るほかありませんが、あの頃「ハートカクテル」が、僕等の若いハートにお洒落で爽やかな風を送り込んでくれたことは確かです。

 

あの涼やかさを想い出させる一冊をご紹介します。

 

 

 

 流木のいえ

 

流木のいえ

あらすじ

海のそばに暮らす絵描きの物語。

絵描きは絵を描く合い間に、浜辺の流木を拾い持ち帰り、丁寧にお世話をしていきます。

すると、流木たちがそれぞれの思い出を絵かきに語りはじめます。

 

繊細な色遣いのやさしい絵と、詩的な言葉でつづられたロマンチックストーリー。

お仕着せの創られた物語が多い近年に珍しいと思い、ページを捲っていきました。

ひとつひとつの流木に生い立ちがあります。

月と猫のサブキャラが詩情を深めていきます。

しっとりと、月夜の海辺の家に想いを馳せつつ本を閉じようとすると、

絵本は、心から心へ届けるものだという証しのように作者のあとがきが添えられていました。

 

小さなころに出会った絵本や物語たちへ

そして私に描きつづけることを教えてくれた絵かきたちへ。

こころから感謝をこめて。

 

 

管理人のあとがき 

絵本は、心から心へ届けるもの、改めてそう思いました。

素晴らしい一冊に巡り合えたことに感謝!

こうして断捨離後に遺す本が増えていきます。

 

  

 

流木のいえ

 

石川えりこプロフィール

石川えりこ1955年福岡生まれ 横浜市在住

九州造形短大デザイン科卒業後、広告代理店のデザイナーを経てフリーイラストレーターへ。

 

石川えりこの他の作品

ボタ山であそんだころ」(第46回講談社出版文化賞絵本賞受賞)福音館書店

            ボタ山であそんだころ (日本傑作絵本シリーズ)

「あひる」くもん出版

「てんきのいい日はつくしとり」福音館書店               

            てんきのいい日はつくしとり (福音館創作童話シリーズ)

「ことしのセーター」福音館書店